傷めない白髪染めとこだわりの縮毛矯正・デジタルパーマのお店!

● デジタルクリープパーマ 【シャンプー・カット・スタイリング込み】

ダメージを最小限に抑えて、低温でふんわりカールを実現!

(2時間半~3時間半) ショート ¥11,000
ミディアム ¥11,500
ロング ¥12,000

※全て税込価格

オプションメニュー

● プレミアムデジタルパーマエステ

+\2,160でバージョンアップ出来ます。

ダメージが気になる方。ツヤや手触りが悪い方。しなやかさがほしい方。アリキルカチオンコンプレックスを使ってくり返すことで髪を強く元気にします。ツヤツヤ・サラサラ

Flyleafのデジタルクリープパーマ



どこが違うの?

一般的なパーマとの違いは、髪が濡れている時と乾いた時のカールの状態が変化しないという事です。「乾くと少し取れちゃうので強めにかけておきますね」って言われた事ありませんか? 通常のパーマだと濡れている時が一番ウェーブが出ていて、乾くとウェーブがダレてきます。これがデジタルパーマだと乾いてきた時にまとまりのあるカールがしっかり残るんです。乾いてダレが少ないという事はパーマの持ちもよくなります。Flyleafのお客様は3カ月~半年持つというお客様もいらっしゃいます。
技術的に最も違うところは、「低温で蒸す」こと!ロッドに巻きつけた髪を専用のフェルトで包み込み、60度70度90度の温度で13分蒸し10分~15分しっかり冷却します。低温なので髪に与えるダメージも最小限に抑えられます。これにより毛髪の中のタンパク質が無理のない位置に移動して固定してくれるので、「モチモチ」で「プルン」とした弾力のあるカールに仕上がるのです。

こんな髪質の方に

軟毛の方 今まで乾くとカールがだれてしまったり、すぐにとれてしまっていた人も、クリープ&乾燥させることで、ふんわりカールが乾いてもキレイに出ます。そして、長持ちします!もちろん、濡れていてもカールは出ます。
硬毛の方 どんなパーマをかけても、なんか硬い質感しか出せなかった硬毛の人も、ビックリするほど柔らかい質感が出せます。ふんわりした柔らかさと弾力に驚いて下さい!

特徴

従来行われていたようなデジタルパーマと違い、ダメージのある髪や縮毛矯正をかけている髪に対しても、無理なくふんわりやわらかいカールを実現できるようになりました。

  1. 毛髪のダメージというのは、カラーしている部分、していない部分、前回パーマをかけた部分、かけていない部分など、場所によってダメージレベルはさまざまです。そのダメージの違いを見きわめ、薬剤の塗布の仕方を変えることでかかりむらやダメージを防ぎます。
  2. 機械の温度を低温に設定して行うので、熱によるダメージを最小限におさえ、何度かけてもカールがだれる事はありません。
  3. 縮毛矯正をずっとかけていて飽きてしまった。でも、普通のパーマはかけられません。なので、毛先の動きやふんわりカールをあきらめていた人、大丈夫です。弱酸性のお薬を使ってデジタルクリープパーマなら、縮毛矯正とも相性はバツグン。キレイなカールが出せます。
  4. 今まで普通のパーマで大きなカールを出そうとしても、どうしても乾すとカールがだれてしまいがちでした。デジタルクリープパーマなら、乾いたときこそふんわり大きなカールが出せるのです。
  5. 損傷毛になればなるほどドライ時にパサツキがでて、 スタイリング剤やテンションをかけたブローなどに頼らなければ 艶のある良い仕上がりになりません。Flyleafのデジタルクリープパーマはお客様がご自分でサロンでの仕上がりスタイルを再現しにくい部分をサポートすることによりご自分でのスタイリングが楽になり必要以上のスタイリング剤を使用しなくても良くなります。
  6. 傷まないパーマはありません。どんなに傷んでいてもキレイにパーマがかかるというような魔法の薬も存在していません。Flyleafでは、お客様の髪のコンディションを最優先するために、「パーマがかからないくらいのダメージのお客様はパーマをお断りする場合がございます」現状のダメージをカットしていって可能な状態になってから施術するほうがスタイルとしてもまとまりがあり、キレイなんです。出来ない事を出来ないとお伝えすることも大切な事だと考えております。